バナー
千葉市美浜区における地下水位低下工法による液状化抑止対策
概要・目的

背景

  • 千葉市美浜区では、東北地方太平洋沖地震によりほぼ全域で液状化が発生し、特に戸建て住宅に甚大な被害をもたらした。自治体の防災対策として、より経済的で効果的な既存住宅地の液状化対策の実施が急務である。
  • 千葉大学による地震後の被害調査・分析によって、埋立地盤における液状化被害分布の不均一性の原因が明らかになり、さらに効果的な液状化対策工法について検討されている。それらの知見を自治体の対策に反映させることが重要である。
  • 千葉市では千葉大学が検討してきた地下水位低下工法を実用化するため、モデル地区において実証実験を行う準備をしている。この実験による成果を他の地域にも応用するためには、より高度な詳細調査・検討が不可欠である。 

課題概要

千葉市美浜区における液状化対策事業をより効果的で充実したものとするため、実証実験のモデル地区において微動・地震観測など詳細な地盤調査を行い、より高度な実験結果の分析・検討を行う。それにより本液状化対策研究成果の他地域への応用を促進する。

液状化対策モデル地区の詳細評価
  • 追加で行った詳細な地盤調査に基づき3次元の地盤モデルを作成し、有限要素法等により透水や圧密などの解析を行い、実験結果の考察を行う。
  • 実証実験結果の分析を踏まえ、同地区全体を対象とした具体的対策工法を策定に対する注意点等の助言を行う。
モデル地区内実証実験の観測・評価
  • 通常の水位観測等に加え、微動や地震動の観測を行い地下水位低下された表層地盤の地震動特性を評価する。
  • 上記検証のために必要であれば、解析的検討だけでなく縮小模型を用いた遠心震動実験の実施も検討する。

【美浜区の液状化被害分布】
 

【地下水位低下工法 】
 

見込まれる成果

  • 液状化対策工法の実証実験に対するより詳細な結果の分析・検討
  • 研究成果の他地域への応用による地域防災力の向上

新着情報

液状化対策工事の住民説明会が開催されました

2014年3月21日に千葉市美浜区の住民を対象とした説明会が開催され,千葉大学から液状化のメカニズムと対策工法について説明を行いました。
2014/03/21 10:00 投稿者:千葉大学大学院工学研究科
RSS2.0
プロフィール
千葉市美浜区における地下水位低下工法による液状化抑止対策

課題名

千葉市美浜区における
地下水位低下工法による
液状化抑止対策

地域名

千葉市美浜区

団体名称

千葉大学大学院工学研究科

代表者名

中井 正一 (建築・都市科学専攻 教授)