地域防災対策支援研究プロジェクト

各大学、研究所などで、地域防災対策支援研究プロジェクトの取り組みを行っています。その取り組み(課題)についてご紹介します。

プロジェクトからのお知らせ


検索

検索
オプションを表示»
検索対象ページ 
 
 
検索対象
 
 
 
 
 
検索

バナー

新機能「あなたの地域を知ろう」

お住まいの自治体についての情報を確認できる機能が公開されました。

人口をはじめとする統計情報や災害の記録、さらには危険性のある災害について情報が見られますのでぜひお試しください。
なお、「地域防災Web」にユーザー登録を行いますと、お住まいの自治体の特性に応じた防災手法や実践された方の記録なども 自動的に提示されますので、ご興味をもたれましたらぜひユーザー登録をお願いします。

ユーザー登録
「地域防災Web」の実証実験がはじまります

国立研究開発法人 防災科学技術研究所は、本プロジェクトの一環で進めている「統合化地域防災実践支援Webサービスの構築」として、地域の防災担当者(自治体職員・地域防災リーダー)に役立つ防災対策手法や事例を提供するWebサービス「地域防災Web」の公開型実証実験を7月3日(月)より開始しています。ぜひ、アカウントを作成いただき、アクセスください。

地域防災Webへ

Webアンケート2「防災対策手法・事例の内容」編

このシステムをより使いやすくするためのWebアンケートを実施しております。多くの方のご協力をお願いいたします。

Webアンケート

Webアンケートにアクセスできない方は以下のWordをダウンロードし、ご回答ください。

Webアンケート(Word版)

※ ダウンロードファイル名称は『地域防災Webアンケート2「防災対策手法・事例の内容」編.docx』となります。一部利用環境により、ファイル名称が化ける場合があるようです。お手数ですがファイル名を前述のものに変更を頂くようお願いいたします。

概要・目的

地域防災対策支援研究プロジェクトでは、全国の大学等における理学・工学・社会科学分野の防災研究の成果を一元的に提供するデータベースを構築するとともに、大学等の防災研究の成果の展開を図り、地域の防災・減災対策への研究成果の活用を促進するため、2つの課題を設定して事業を実施します。

(1)研究成果活用データベースの構築及び公開等

地域の防災・減災対策の実施主体となる地方公共団体の担当者等が防災・減災対策を実施する際に必要な研究成果に関する情報を提供する。

(2)研究成果活用の促進

(1)で構築するデータベースや地元の大学の防災研究の成果等を活用し、地域の特性やニーズを踏まえた効果的な防災・減災対策の検討を行う。

各研究課題からの新着情報


各研究課題Webページ

Webサービスの構築

統合化地域防災実践支援 Webサービスの構築

国立研究開発法人 防災科学技術研究所

研究成果の促進

①北海道中標津町を対象とした吹雪発生予測システム活用と効果的な雪氷防災対策への支援

国立研究開発法人 防災科学技術研究所 (北海道中標津町)


②千葉市美浜区における地下水位低下工法による液状化抑止対策

千葉大学大学院 工学研究科(千葉市 美浜区)

⑤地域力向上による減災ルネサンス

名古屋大学 減災連携研究センター (田原市、幸田町、津島市、半田市、犬山市)

⑧風水害の防災・減災を目指した研究成果活用の協働推進

山口大学 (宇部市、山陽小野田市)

⑨科学的・社会的好奇心を刺激する自発的減災活動の推進

愛媛大学防災情報研究センター (愛媛県 愛南町)

⑩南九州地方における地域防災支援データベースの構築

鹿児島大学地域防災教育研究センター (鹿児島県)

⑪臨床環境学の手法を応用した火山防災における課題解決法の開発

名古屋大学大学院環境学研究科 (岐阜県、長野県、石川県)